制服を着用することにはさまざまな意味合いがありますが、学校や仕事の上でこれを着用することは、その人の所属をはっきりとさせることやその所属団体のイメージを決めること、着ている人の意識の切り替えに役立てることもあります。
なにかをするうえで制服を着ていると公私の区別をはっきりとさせてより集中できるメリットがありますが、デザインをより人に好まれるものにすることによってその職種の人気につながり人材の確保につながることもあります。
警察官や医師や看護師、キャビンアテンダント、パイロットといった職種は、人気が高くそれはその職種内容がかっこいいことや美しいといったイメージがあることもありますが、このまれるデザインを追求した良さも一役買っています。
このように職に就くうえで定められて支給されている職業以外にも、特に制服を定めていない企業内でも一部の社員に対して支給されている場合があります。
通常の企業であれば、多くの人々がスーツを着用しますが、かつてであれば女性の事務職では決まった服装の支給がなされていたこともありました。
男性のスーツのような女性の定番仕事着がなかったことや、女性の服装のバリエーションが豊富で社内着の条件の絞り込みが難しかったことが理由とされています。
現在でも女性社員に支給されることがありますが、男性であってもスーツでなくて私服でも良い職場や男女平等の観点から少なくなっています。
ただし、服装の規定がなくともカジュアルな服装を避けてビジネスにふさわしい服装は社会的なマナーとなっているため守る必要があります。